水道水をはじめとする水の中に含まれるカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどの陽イオンや、炭酸、塩素といった陰イオンをイオン交換樹脂の働きで除去し、純水を造り出す装置を純水装置といいます。その中でも、薬品を使ったイオン交換樹脂の再生を行わないタイプのものを、他の純水製造装置と区別する意味で「純水器」といいます。イオン交換樹脂純水装置には、多床塔方式との2つがあります。多床塔方式とは、カチオン交換樹脂とアニオン交換樹脂をそれぞれ独立した塔に充填するもので、多床塔方式とは、両方の樹脂を均一に混合して一つの塔に充填します。純水装置によって製造される水には、純水・高純水・超純水・イオン交換水などの水質があり、その他にも、有機物の除去率、水質の安定性、メンテナンス、生産効率など、装置によって違いがあります。

スーパーでよく見かける純水装置

ある程度大きなチェーン展開しているスーパーの中には、店内に純水装置を置いているところがあります。ほとんどの場合は容器を販売し、購入すれば何度でも無料で純水を手に入れることができるということで人気があります。この装置は、逆浸透膜というフィルター方式のものが多く、水に含まれる有機物や微粒子などの不純物のほとんどを除去してくれる優れもの。一方で細菌の増加などを抑える塩素も除去してしまうため衛生面での心配は残りますが、機械の多くは純水を容器に入れている間にキャップを紫外線で除菌できるようになっており、水の装置への供給に関しても、供給前に毎回機械を洗浄する動作を行うものがほとんどですので、細菌が影響する可能性は極めて低い状態であると言えます。ましてや店側はサービスの一環として行っているのでより神経を使って管理された状態にあると言えます。純水は体にも良いので健康のためにも金銭的な節約のためにも利用することがお勧めです。

純水装置とはどのような機械か

純水装置とは、カルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンや、塩素イオンや炭酸イオンなどの陰イオンを、イオン交換樹脂によって除去した水、すなわち純水を製造する機器を指します。このように手間をかける必要が生じるケースはいくつかあります。処理前の水にはイオンが多く溶け込んでおり、蒸発する際に炭酸塩のような形で析出します。配管が細い場合にはこれらが流路をふさいで故障の原因となることがあります。また、半導体のウェーハーを洗浄する際にもイオンコンタミを避けるため、純水が使われます。また、我々の生活では、飲料水に対して処理を行いカルシウムイオンやマグネシウムイオンを取り除くこともあります。硬水が多いヨーロッパではこの処理を行って硬度を下げることは多い。普段の生活でも、事業の場面でも純水製造装置の果たす役割は非常に大きい。

メンテナンスからソリューションまでお客様のニーズに合わせたサービスを提供いたします。2016年3月31日まで、対象の超純水装置の更新の方には最大50パーセントの割引がございます。ラボ用から大流量を必要とする工場まで様々な規模に対応できる技術と製品を用意しています。 洪水発生時には海外へ純粋供給の実績があります。 国内だけでなく海外へ商品の提供実績もあります。 純水装置のご相談はオルガノまで